HOME >日本心理研修センターとは

日本心理研修センターとは

今日,社会における心の問題は,子育てや健康上の問題として,うつ病,自殺,虐待,いじめ,不登校,発達障害,認知障害等を含め,制度の中で広範囲に複雑かつ多様化しており,それらへの対応が急務となっています。
これらの問題に対し,多くの関係者のご努力により,平成27(2015)年9月,公認心理師法が成立し,他の専門職と連携しながら心理的にアプローチして支援する者の国家資格として,公認心理師制度が推進されることになりました。
一般財団法人日本心理研修センターは,わが国初の心理職の国家資格である公認心理師の資格試験を運営するほか,有資格者への教育と研修を通じて,時代の変化に応じた知識や技能の向上を図り,心の生活に関わる適切なシステムを社会にご提供するために設立されました。また、平成28(2016)年4月には指定試験機関,平成29(2017)年11月には指定登録機関に指定されています。

一般財団法人日本心理研修センター
一般財団法人日本心理研修センター

公認心理師試験実施推移

第1回合計

試験日:2018年9月9日及び12月16日

合格者数:
4人
合格率:
100%
合格者数:
14,840人
合格率:
85.8%
合格者数:
1,199人
合格率:
74.6%
合格者数:
12,531人
合格率:
72.9%
合格者数:
28,574人
合格率:
79.1%
第2回

試験日:2019年8月4日

合格者数:
4人
合格率:
66.7%
合格者数:
1,879人
合格率:
53.6%
合格者数:
1,253人
合格率:
58.8%
合格者数:
4,728人
合格率:
41.8%
合格者数:
7,864人
合格率:
46.4%
受験区分A

(法第7条第1号)
大学及び大学院で、施行規則第1条及び第2条で定める科目を修めて卒業及び修了

受験区分B

(法第7条第2号)
大学で、施行規則第1条で定める科目を修めて卒業、かつ、施行規則第5条で定める施設で2年以上実務を経験

受験区分C

(法第7条第3号)
文部科学大臣及び厚生労働大臣が区分A及びBに掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定

受験区分D1

(法附則第2条第1項第1号)
平成29年9月15日より前に、大学院で施行規則附則第2条で定める科目(科目の読替えあり)を修めて修了

受験区分D2

(法附則第2条第1項第2号)
平成29年9月15日より前に大学院に入学し、同日以後に施行規則附則第2条で定める科目(科目の読替えあり)を修めて大学院を修了

受験区分E

(法附則第2条第1項第3号)
平成29年9月15日より前に大学に入学し、施行規則附則第3条で定める科目(科目の読替えあり)を修めて卒業(又は履修中)し、平成29年9月15日以後に大学院で施行規則第2条で定める科目(科目の読替え対象外)を修めて修了

受験区分F

(法附則第2条第1項第4号)
平成29年9月15日より前に大学に入学し、施行規則附則第3条で定める科目(科目の読替えあり)を修めて卒業(又は履修中)し、かつ、施行規則第5条で定める施設で2年以上実務を経験

受験区分G

(法附則第2条第2項)
平成29年9月15日に、法第2条第1号から第3号までに掲げる行為を業として行い(又は業務を休止・廃止してから5年以内)、①文部科学大臣及び厚生労働大臣指定の現任者講習会を修了し、かつ、②施行規則附則第6条で定める施設で5年以上実務を経験

PAGE TOP
▲ PAGE TOP
MENU