HOME >講習・試験・登録 >資格登録について

資格登録について

I 新規登録

1 登録資格要件

公認心理師法第28条に,公認心理師試験に合格した方が「公認心理師」となるには,一般財団法人日本心理研修センター(以下「センター」という。)に登録申請を行い,所定の事項についての登録を受けなければならないことが定められています。

ただし,公認心理師法第3条に定められている事項に該当する場合は,登録を受けられません。

<公認心理師法第3条に規定する欠格事由>
  1. 心身の故障により公認心理師の業務を適正に行うことができない者として文部科学省令・厚生労働省令で定めるもの
    公認心理師法第3条第1号の文部科学省令・厚生労働省令で定める者
    • 精神の機能の障害により公認心理師の業務を適正に行うに当たって必要な認知,判断及び意思疎通を適切に行うことができない者
  2. 禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わり,又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者
  3. この法律の規定その他保健医療,福祉又は教育に関する法律の規定であって政令で定めるものにより,罰金の刑に処せられ,その執行を終わり,又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者
  4. 第32条第1項第2号又は第2項の規定により登録を取り消され,その取消しの日から起算して2年を経過しない者
    第32条 第32条第1項第2号又は第2項
    • 虚偽又は不正の事実に基づいて登録を受けた場合
    • 信用失墜行為の禁止に違反した場合
    • 秘密保持義務に違反した場合
    • 主治医の指示を受ける義務に違反した場合

2 登録申請の手続の順序

(1) 新規登録申請から合格者が公認心理師登録証(以下「登録証」という。)を受領するまでの流れ
  1. 合格発表

    センターから,公認心理師試験に合格された方に合格証書及び登録申請書類を送付します。

  2. 合格者が登録申請書類受領

    登録申請される方は,「新規登録の手引」で手続についてご確認ください。

  3. 合格者が登録申請書類提出

    「新規登録の手引」に記載の提出方法に従って必要書類を提出してください。

  4. センターが登録申請受付及び審査
  5. センターが公認心理師登録簿に所定事項を登録
  6. センターが「登録証」を交付,合格者が「登録証」を受領

    「公認心理師」の名称が使用できます。

(2) 登録の申請

公認心理師の登録を受けようとする方は,公認心理師試験合格者に送られる登録申請書類により,センターに申請してください。

(3) 登録及び「登録証」の交付
  • センターは公認心理師の登録申請があったときは,登録申請書等及び添付書類の記載事項を審査し,当該申請者が公認心理師の登録資格を有すると認めた場合には,その申請者の氏名,生年月日,その他,文部科学省及び厚生労働省令で定める事項を公認心理師登録簿(以下「登録簿」という。)に登録します。
  • 登録簿に登録された日をもって公認心理師としての登録を受けたことになりますので,その日から公認心理師の名称を使用することができます。登録年月日は「登録証」に記載されます。電話やメールでのお問い合わせでは事前に登録年月日をお伝えすることはできません。登録年月日は「登録証」を受領後にご確認ください。
  • センターは,登録した方に対して「登録証」を交付(郵送)します。
  • センターが登録申請を受付してから「登録証」が交付(郵送)されるまでの期間について,合格発表直後の2から3か月間は新規登録申請が集中するため,3か月程度かかる場合があります(その他の期間は2か月程度かかります)。
    なお,上記に記した期間は,行政手続法(平成5年11月12日法律第88号)第6条の規定の趣旨により,登録申請に対する事務処理に要する期間について,特殊異例のものを除いたおおよその「目安」を示すもので,登録申請者に対する「登録証」の交付(郵送)がこの期間内に必ず完了することを約束するものではありません。
  • 「登録証」に記載される登録事項は,次のとおりです。
    • 氏名及び生年月日
    • 登録番号及び登録年月日
    • 本籍地の都道府県名(日本国籍を有しない方については,その国籍)
    • 公認心理師試験に合格した年月

3 登録申請に必要な書類等

(1) 新規登録申請提出書類一覧

(2) 登録免許税の納付

公認心理師の登録を受けようとするときは,登録免許税法(昭和42年法律第35号)に基づき,登録免許税15,000円を納付する必要があります。納付方法は,「新規登録の手引」で確認してください。

(3) 登録手数料の払込み

公認心理師の登録を申請するときは,登録免許税のほか登録手数料7,200円を払い込む必要があります。登録手数料7,200円を,公認心理師試験合格者に送付される登録申請書類中の専用払込用紙で必ず,ゆうちょ銀行(郵便局)の窓口で払い込んでください。払込み方法の詳細は「新規登録の手引」で確認してください。

4 新規登録申請の手続期間

登録簿への登録申請については,手続しなければならない期限の定めはありません。
公認心理師になるには,登録申請を行い,登録簿に氏名等の登録を受けなければなりません。登録を受けずに「公認心理師」という名称を使用することはできません

登録申請から「登録証」の交付までの期間

センターが登録申請を受付してから「登録証」が交付(郵送)されるまでの期間について,合格発表直後の2から3か月間は新規登録申請が集中するため,3か月程度かかる場合があります(その他の期間は2か月程度かかります)。
なお,上記に記した期間は,行政手続法(平成5年11月12日法律第88号)第6条の規定の趣旨により,登録申請に対する事務処理に要する期間について,特殊異例のものを除いたおおよその「目安」を示すもので,登録申請者に対する「登録証」の交付(郵送)がこの期間内に必ず完了することを約束するものではありません。

5 登録簿及び「登録証」における旧姓併記について

令和元年9月13日に公認心理師登録申請書(以下「登録申請書」という。)の様式等を変更する厚生労働省令の施行により,登録簿及び「登録証」において旧姓の併記が可能となり,「登録申請書」様式が旧姓の記入欄を設けたものに改訂されました。

第1回公認心理師試験に合格され未登録の方には,令和元年9月13日に改訂を行った「登録申請書」を郵送いたしましたので,新規登録をする場合にはお手元に届いたものを使用して申請してください。旧姓の併記を希望しない方につきましても,新規登録申請を行う際は,改訂を行った「登録申請書」により登録申請を行うようお願いいたします。

第2回公認心理師試験の合格者には「新規登録の手引」と改訂を行った「登録申請書」をお送りしています。

注意事項
  • 登録申請の際には必ず結果通知書に同封された「新規登録の手引」を参照して,「登録申請書」に記入漏れがないように注意してください。旧姓をお持ちでない方及び旧姓併記を希望しない方は,旧姓記入欄を空欄としてください。第1回公認心理師試験に合格された方は,以下を参照してください。

    登録申請書記載例(旧姓併記)

  • 戸籍抄本等で旧姓が確認できない場合は「登録証」に氏名と旧姓の併記はできません。
  • 旧姓のみの登録はできません。
  • 第1回公認心理師試験に合格された方は「登録申請書」以外の登録申請書類(3連式払込用紙,登録申請用封筒)は,結果通知書に同封のものを使用して申請を行ってください。
  • 登録事項変更による旧姓併記の手続を行う場合,改めて変更手数料が6,100円かかりますので,登録申請の時期をよくお考えの上,新規登録申請を行ってください。

II 変更登録

公認心理師に登録後,氏名・本籍地の都道府県名(外国籍の方は国籍)の変更,汚損・紛失による「登録証」の再交付,住所変更又は死亡(失踪宣告)が発生した場合,変更登録の手続が必要となります。
以下,変更登録についての概要をご案内します。変更登録を申請する場合には,詳細について必ず新規「登録証」発行の際に同封されている「変更登録の手引」で確認してください。変更登録申請のための様式は「登録証」に同封していますが,こちらからもダウンロードできます。登録事項変更届出又は再交付申請の手数料の払込時に使用する3連式払込用紙については,こちらをご覧ください。

変更登録申請提出書類一覧
  • 該当する手続の種別(①~④) ごとに提出書類の一覧を縦に見て,「〇」がついている書類等が必要になります。

1「登録事項(氏名・本籍地(都道府県名))の変更」手続

提出する書類
「登録事項変更届出書」
手数料「振替払込受付証明書」貼付用紙
③手数料「振替払込受付証明書(お客さま用)」(日附印のあるものを②に貼付)6,100円
④戸籍抄本,戸籍の個人事項証明書のいずれか1通(コピー不可)
※外国籍の方は国籍等を記載した住民票(マイナンバーの記載のないもの,コピー不可)及び変更前の内容が確認できる公的な書類
⑤「登録証」の原本(コピー不可,ホルダー返却不要)
※紛失した場合は必ず変更届出書に紛失理由を記入してください。
提出方法:簡易書留郵便

(注) 登録事項の変更と併せて,紛失又は汚損による「登録証」の再交付又は現住所の変更を行う場合は,この「登録事項の変更」手続で同時に行うことができます。したがって,「登録証の再交付」手続や「現住所のみの変更」手続を別途行う必要はありません。この場合,手数料は6,100円のみとなります。

2「登録証の汚損・紛失による再交付」手続

提出する書類
「登録証再交付申請書」
手数料「振替払込受付証明書」貼付用紙
③手数料「振替払込受付証明書(お客さま用)」(日附印のあるものを②に貼付)6,100円
④戸籍抄本,戸籍の個人事項証明書,本籍地を記載した住民票(マイナンバーの記載のないもの)のいずれか1通(コピー不可)
※外国籍の方は国籍等を記載した住民票(マイナンバーの記載のないもの,コピー不可)
⑤「登録証」の原本(コピー不可,ホルダー返却不要,汚損の場合のみ提出)
提出方法:簡易書留郵便

(注) 「登録証」の再交付と併せて,結婚等による氏名又は本籍地(都道府県名)の変更を同時に行う場合は,この「登録証再交付」手続ではなく「登録事項の変更」手続により,再交付の手続を行います。この場合,手数料は6,100円のみとなります。

3「現住所のみの変更」手続

提出する書類
「登録住所変更届」
※手数料不要
提出方法:普通郵便

4「登録者の死亡(失踪宣告)」手続

提出する書類
「登録者の死亡等の届出書」
②死亡等を証する書類(住民票の除票等)
③「登録証」の原本(コピー不可)
※手数料不要
提出方法:普通郵便

5 手数料
手続の別 手数料
1 「登録事項の変更」手続(「登録証」を紛失し添付できない場合を含む) 6,100円
2 「登録証の汚損・紛失による再交付」手続 6,100円
3 「現住所のみの変更」手続 不要
4 「登録者の死亡(失踪宣告)」手続 不要
6 変更登録申請から「登録証」の交付までの期間

「登録事項変更届出書」や「登録証再交付申請書」がセンターに届いてから,登録者へ新しい「登録証」が交付(郵送)されるまで合格発表直後の2から3か月間は3か月程度かかる場合があります(その他の期間は2か月程度かかります)。したがってこれら登録事項の変更及び「登録証」の再交付の手続に際して,あらかじめ変更前の「登録証」のコピーをとり使用してください。

7 変更登録の申請様式

以下よりPDFをダウンロードしてご利用ください。申請の前に詳細について必ず新規「登録証」交付の際に同封されている「変更登録の手引」で確認してください。

「登録事項変更届出書」
「登録証再交付申請書」
「登録住所変更届」
「登録者の死亡等の届出書」

手数料「振替払込受付証明書」貼付用紙

3連式払込用紙
登録変更届出又は再交付申請の手数料は,「変更登録の手引」同封されている3連式払込用紙をご利用ください。紛失された場合は,センターにメールでご連絡ください(センターメールアドレス info@jcpp.or.jp )。

8 書類の提出先

「登録事項の変更」及び「登録証の汚損・紛失による再交付」の場合は簡易書留で,「現住所のみの変更」及び「登録者の死亡(失踪宣告)」の場合は普通郵便で下記へ郵送してください。

〒112-0006
東京都文京区小日向4-5-16
ツインヒルズ茗荷谷10F
一般財団法人日本心理研修センター
公認心理師変更登録受付 係

9 登録簿及び「登録証」における旧姓併記について

令和元年9月13日に「登録申請書」の様式等を変更する厚生労働省令の施行により,登録簿及び「登録証」において旧姓の併記が可能となりました。

登録済みの方が「登録証」に旧姓併記を希望する場合には,登録事項変更の手続が必要となります。旧姓併記を伴う登録事項変更を申請される際は,以下をよく読んで手続を行ってください。申請の際には,「登録証」交付時に同封されていた「変更登録の手引」も参照してください。第1回公認心理師試験に合格し登録した方は以下も参照してください。

《「登録事項変更届出書」旧姓併記の記載例》

旧姓併記への登録事項変更の手続のための提出書類
① 登録事項変更届出書

「変更登録の手引」に同封の書式を使用してください。こちらからダウンロードもできます。

②登録事項変更又は登録証再交付手数料「振替払込受付証明書」貼付用紙

「変更登録の手引」に同封の書式を使用してください。こちらからダウンロードもできます。
「変更登録の手引」に同封の3連式払込用紙で6,100円をゆうちょ銀行(郵便局)の窓口で払い込み,日附印のある「振替払込受付証明書(お客さま用)」を貼り付けてください。3連式払込用紙を紛失した場合は,センターにメールで連絡してください(センターメールアドレス info@jcpp.or.jp )。

③ 「戸籍抄本」,「戸籍の個人事項証明書」のいずれか1通(コピー不可)
  • 外国の国籍で中長期在留者又は特別永住者は「国籍等を記載した住民票(マイナンバーの記載のないもの)」+「変更前の内容が確認できる公的な書類」,短期滞在者は「旅券(パスポート)その他の身分を証する書類の写し」+「変更前の内容が確認できる公的な書類」を提出してください。
④ 届出者の「登録証」の原本(コピー不可)

「登録証」の原本を紛失して添付できない場合は,「登録事項変更届出書」の欄外注9の(紛失理由)に紛失した理由を記入してください。

提出方法

必ず簡易書留郵便により郵送してください。簡易書留以外の方法で郵送し不着等の事故が生じた場合,センターでは責任を負いません。

III 登録者数の状況

PAGE TOP
▲ PAGE TOP
MENU